楽しめなければ意味がない

昨今では政権が変わったことで株価が上がったり、円が正常な範囲で推移するようになって、そういったことに関わっている方々は多少景気が上向きになってきたのではないかと思いますが、子育てをしている人たちにはまだ景気の上向き感はあまり感じられていないのが、正直なところではないでしょうか。

ただし昔でいう貧乏というものは、本当に食べるのに困ったり、家賃が払えなくなって追い出されたりといった生きていくのにもこと欠くようなものでしたが、今ならしっかり知恵を絞って工夫さえすれば、それなりに楽しみながら暮らせるものなんです。 月々の稼ぎが10として、8で暮らせば2は置いておけますが、10しかないのに15遣っていては破綻してしまいます。

まず基本的には稼ぎに対してそれを下回る金額で生活すること、さらにそれでは暮らせないという方は稼ぎを増やす工夫をすれば、気持ち豊かに暮らすことが可能になります。 節約と聞くと何だか汲々とした暮らしをイメージする方もいるかもしれませんが、何でも楽しむ気持ちで実行することが大切です。

貧しくとも豊かに暮らせたらこれほどありがたいことはありませんので、お金がないお金がないと嘆く暇があるようでしたら、今ではネットさえ開けばたくさんの工夫や知恵が今では簡単に手に入りますので、忙しい子育ての合間に自分のできる範囲で楽しめる程度の節約を実行されてはいかがでしょうか。

僭越ながら私も一人で子育てしながら慎ましく暮らしています。 お金がなくても知恵と工夫で充分に楽しく暮らせるということを、少しお伝えできれば幸いと思っています。 楽しく読んでいただいて、お役に立ちそうなことがあれば是非実行してみてください。

おすすめのポイントサイトはこの2つ

私がポイントサイトに出会ったのは数年前だと思いますが、最初は毎日ちょっとずつお金が貯まるのがありがたくて使うようになったんです。 ポイントサイトで最初に使い出したのは、Gポイントというポイントサイトで、毎日1円~5円くらいはお金が貯まります。 貯まったらnanacoポイントやTポイント、amazon券に替えることができます。

さらにポイントサイト1箇所だけだとあまり貯まってる感がありませんので数箇所、時間がある範囲、楽しめるで利用するのがポイント。 他にお勧めのサイトはハピタスというサイトで、こちらのいい所は案件が多いこと。 私がこちらを勧める理由としては、ここを経由すれば楽天でお買い物をする場合で1%、ヤフーショッピングでの買い物は2%、さらにヤフーオークションでも1%ポイントがもらえるからです。

いろんな案件にわざわざ応募しなくても、普段の必要な買い物だけで還元されますので必ず経由するようにしています。これらもたかが1%や2%と思いますが、これらのポイントをamazon券に替えて、今までタダで手に入れたものは、 「布団乾燥機」「フードプロセッサー」「ボディバッグ」「電動歯ブラシ」「自動開閉傘」などなど。 結構なモノをお金を使わずに手に入れてますが、今はタブレットを手に入れようと思ってます。

シングルマザー向けシェアハウス

上でも紹介しているようにいろいろ工夫して節約しています。 その中でも一番節約していることといえば、住居。 実は私は3年前からシングルマザーになりました。 シングルマザーになれば私が稼がないといけません。 今までは旦那と私のお給料で生活していたわけですから、半分のお給料でどうやって生活しようか悩みました。

そんなときにシングルマザー向けシェアハウスを見つけました。 シェアハウスというと単身の人の住居というイメージだったのですが、シングルマザー向けシェアハウスがあるなんてびっくり。 早速、そのシェアハウスに見学に行きました。 見学してとても雰囲気がよかったので即決でそのシェアハウスに決めました。 そのシェアハウスで住んでいるのはシングルマザーなので、シングルマザーがどんなに大変であるかを知っているのでみんな協力して生活しています。 家賃は通常の半分。 1年で50万以上は節約できています。 妊娠中に役立つコンテンツを見つけました

シングルマザー向けシェアハウス。世間での認知度は上がってきているとはいえ、シェアハウスに住むことはまだまだ一風変わった体験のように思います。その大きなポイントは、人間関係にあります。シングルマザーと一緒に生活する、そこがシェアハウスの醍醐味ではありますが、どのようなデメリットがあるのか知っておくと、住む前の心構えになるかもしれません。

・常に人がいること
メリットでもあり、デメリットでもあるのがこの部分です。たまには1人でゆっくりしたい・・・そんなときでも、シェアハウスには常に人が、しかもシングルマザーがいます。個室のある物件であれば1人の時間をつくることができますが、ドミトリーの場合は部屋に戻っても誰かがいるような状況です。それをストレスに思ってしまう人は、辛くなることあるかもしれません。

・ルール
どのシェアハウスも、大なり小なりルールがあると思います。そのルールが、シェアハウスの秩序を守っている、という重要なものであればあるほど、守らない人が出てきたときに大きな問題になりやすくなります。そのせいで、人間関係が悪くなり、家の中の雰囲気が悪くなるというのはよくある話です。集団生活なので、ある程度の縛りは必要ですが、こうしたルールに縛られたくないという方にはおススメできません。

・シングルマザー専用の場合
シングルマザー専用の物件の場合、男性の目を気にしなくてよいという点では、かなり気兼ねなく生活できて楽なのですが、女性同士の間だけで起きる問題も出てきます。ある特定の人たちの仲が良いと、それに嫉妬した人が雰囲気を悪くしたり、何人かで固まってお互いの悪口を言い合ったりなど、まるで女子中高生のような、女性特有の関係が起きやすくなるのは、シングルマザー専用物件にありがちなことです。どこでも起こるわけではないため、気にし過ぎているときりがないですが、こういったデメリットも考えられるので要注意です。

・国の違い
外国人OKの物件は多くあります。初期費用を抑えるのに、シェアハウスを利用する外国人は多く、需要があるためです。外国人と一緒に住むことは、他国の文化を知ることができたり、言葉を覚えたり、とても刺激的な面がある一方で、そういった違いが大きな壁となる場合もあります。よく聞くのは、衛生面をあまり気にしないことから、キッチンやトイレ、お風呂などの使用の仕方が悪く、トラブルになるといったケースです。なかなか言葉では伝わらず、雰囲気だけが悪くなり居辛くなっていくようなことは実際にもあるようです。どれだけ根気強く関わっていくか、外国にどれほど興味を持っているかというのは、外国人OK物件を選ぶうえでは大事な要素となってくるかもしれません。

以上のように、シェアハウスでの人間関係において考えられるデメリットは多くあります。 また、子育ての違いで他のシングルマザーと意見がかみ合わないこともあります。 こういったデメリットがあると知った上で、物件選びを行う必要があります。しかし、文中にも述べましたが、あるかも分からない、可能性でしかないことに怯えていてはなにも始まらないので、シェアハウスに住むならば、このようなデメリットが起きないように、デメリットがメリットを上回らないようにすれば、節約しながら子育て生活できます。

Copyright © 2017 簡単な節約術 All Rights Reserved·